DK Modeling Station

つくるって楽しいですね。模型との出会いに感謝!

ぺっくん【BANDAI プチッガイ改造】

意外と手間が掛かりました

過去エントリーの最後でチラッと予告していた改造中のプチッガイのこと覚えていますか? 

隙間時間で少しづつ制作を進めていましたが、ついに完成しました!

f:id:lagba:20190321161946j:plain
モチーフは私の家族「ぺっくん」です。

f:id:lagba:20190321161940j:plain

耳はエポパテを盛り付け、熊の丸耳から猫の三角耳に形状変更。顔面のプチッガイフェイスモールドはwaveの黒い瞬間接着剤で一旦埋めて、BMCタガネやMr.ラインチゼルを駆使して、ぺっくんフェイスモールドに彫り直しています。腹部のプチッガイアッガイ?)モールドも黒瞬着で埋めて、こちらはモールドは彫らずにマスキングのみで塗り分け。腕部もエポパテで形状変更。手首を延長し先端の3mm軸受けの向きをを変えたので、より自然に武器などを持たせることが可能です。足裏はピンバイスでモールドを追加して肉球のような表現に(ゴッドハンドのスピンブレードがあればもっと綺麗に仕上がったのにー!と思ったので今度買おうっと)。首元のスカーフ(よだれかけ?)はエポパテで作成し、チェック柄は塗装で表現。

f:id:lagba:20190321161952j:plain

耳の回転機構は残しているので角度変更が可能です。頭部側面の段落ちモールド風の合わせ目はエポパテで埋めました。尻尾にもエポパテを盛り付け、熊尻尾から猫尻尾に形状変更。

f:id:lagba:20190321162000j:plain

肩部には関節軸を追加しているので、腕を横に上げることも可能。背中のリボン接続用の穴の内部にはポリキャップを埋め込み、バックパックなどを着脱し易くしておきました。ちなみに付属のチェアに座らせても猫尻尾が干渉しないようにクリアランス確保しています。

f:id:lagba:20190321161936j:plain

ベースはエポパテでジグソーパズルデザインからシンプルなスクエアデザインに形状変更。スタンドはタミヤの透明プラ棒3.0mmに置換しています。

今回の制作で一番悩んだのが顔の表現。スジ彫りだけで表現しようとするとシャープになりすぎてしまい、ぬいぐるみのような可愛らしさが出ない(ぬいぐるみではないのだけれどwww)。なので、最終的に目、鼻、口、髭は筆を使ってスジ彫りの上から少し太めのラインをフリーハンドで描き込むことで、なんとかイメージどおりに仕上げることができました。

 

ガンプラカテゴリーに熊とかハロとか猫とかしか登場していない。。。(マズイ、これがアクセス数が伸びない原因なんじゃ?)

ということで、そろそろ何かモビルスーツ的なものも制作したいと思いますwww。

プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】